Broadcom、複数の M&A、IT プロビジョニングの 90%、

ビジネス上重要な取り組みで自動化を利用

現在、弊社では 300 件を超える自動化により、1 か月あたり 105,000 ~ 120,000 件のジョブを実行し、人手による作業時間を 1 か月で約 6,500 時間削減しています。我々の経験から言えることは、どの企業の皆さんも同じように業務効率を高めることができるということです。

Stanley Toh

Head of Enterprise End-user Services & Experience, Broadcom

ユーザー事例集ダウンロード
無料トライアル
お問い合わせ
ユーザー事例集ダウンロード
無料トライアル
お問い合わせ

Broadcom Inc. は半導体やインフラストラクチャ ソフトウェア ソリューションを幅広く設計、開発、提供する大手グローバル テクノロジ企業です。Broadcom の業界をリードする製品ポートフォリオは、データ センター、通信ネットワーク、エンタープライズ ソフトウェア、ブロードバンド、ワイヤレス、ストレージ、産業用など、重要な市場で提供されています。

カリフォルニア州
サンノゼ

従業員数 21,000+
 

エンタープライズ
ソフトウェア

課題

新たな需要への対応が困難

従業員のオンボーディングの遅れ

人為的ミスを回避できない

Broadcom のエンタープライズ エンドユーザー サービス・エクスペリエンス責任者である Stanley Toh 氏は、間近に迫った買収により、業務に大きな課題が生じることを懸念していました。従業員の新規採用が急増すると、電子メールの割り当てや VPN のセットアップなど、大規模なオンボーディング作業が必要になります。

既存の ITSM システムの下では、従業員のオンボーディングを効率的に行うことができず、従業員が初日から生産性を上げることはできませんでした。また、従業員のオフボーディングでは、正確な調整や実行が難しいことから、セキュリティ リスクが高まっていました。Stanley 氏は、これらのプロセスを全面的に再設計することを望んでいました。

また、この問題に重点的に取り組んでいたのは、Stanley 氏のチームに、従業員のオンボーディングやオフボーディングに関して数多くの不満が寄せられていたからでもありました。Stanley 氏は、こうした不満を抑えて、自分たちのチームが何度も同じ作業を繰り返す必要がなくなることを望んでいました。

Stanley 氏は、社員数の増加に伴うこの問題は解決できないものと考えていました。理由の 1 つは、予算がないことでした。ですが、従業員が増えれば増えるほど、避けられない人為的ミスは増えるばかりだということもわかっていました。そうならないように、既存のチームがよりスマートに運用できるソリューションを求めていたのです。

解決策

  • 主要な基準の策定

  • 自動化プラットフォームの実装

  • プロセスの調整機能の確保

Stanley 氏とチームのメンバーは、問題を回避するには自動化が最適であると、すぐに気づきました。自動化を利用することで、新しく入ってくるすべての従業員のニーズを満たすために、現在のチームが作業の規模を大幅に拡大させることができるだけでなく、実質的にミスもなくなることになります。

Stanley 氏は自動化プラットフォームを探す際に、4 つの主要な基準を常に念頭に置いていました。そのプラットフォームがクラウド中心であること、SSO 機能があること、ユーザー フレンドリであること、短期間でビジョンを実行に移せるものであることです。Stanley 氏は、一刻も無駄にせずに価値を生み出す必要がありました。

Stanley 氏は、Workato が卓越した選択肢であると認識し、このプラットフォームを再設計された従業員のオンボーディングおよびオフボーディング プロセスとともに、迅速に実装しました。Stanley 氏にとってとりわけ重要だったのは、Workato がこれらのプロセスを自動化するだけでなく、そのフローを調整するのに実際に役立つということです。

結果

1 か月あたり 6,500 時間 削減


電子メールのプロビジョニングが 50 倍高速化

新型コロナウイルスへの迅速な対応

すべての IT プロビジョニングの 90%を自動化

従業員のオンボーディングについて、Workato はただちに大きな効果をもたらしました。VPN の実現により、数時間かかっていたことが 9 秒に短縮されました。電子メールは以前よりも 50 倍高速にプロビジョニングされています。管理職には、従業員が適切なツールにオンボーディングされたことが自動的に通知されます。

従業員のオフボーディングも、より合理化され、安全になりました。Workato は Okta と連携しています。Okta は企業関連のあらゆるアプリケーションと統合されており、退職したその日に確実にアクティベーション解除されます。今では、退職に関する作業のミスや食い違いのリスクはありません。

Stanley 氏のチームでは、新型コロナウイルスのパンデミックによる課題も Workato を利用して克服しました。Workato は従業員の電話から収集した匿名の追跡データを使用して、従業員に新型コロナウイルスの感染リスクの警告を出します。Broadcom では、この方法で従業員の 50% をオフィスに呼び戻すことができました。

たった 3 年間で、すべての IT サービスのプロビジョニングのうち 90 ~ 95% に対処しましたが、人の介入は不要で、完全に自動化されました。そのため、Broadcom では、他の人事、給与計算、設備、財務などの部門でも、さらに多くの手作業と繰り返しを要する事例のサポートを進めています。

Broadcom は現在、四半期ごとに平均 30 件以上の新たな自動化を行っています。これは、1 か月あたり 105,000 件のジョブを実行し、1 か月あたり 6,500 時間を削減したことになります。不満は日ごとに激減していき、ほぼなくなってしまいました。新しい従業員は、これまでにないほど迅速に生産性を上げています。

Workatoの導入に関してご不明な点などございましたら

お気軽にお問い合わせください

Workatoの導入に関してご不明な点などございましたら

お気軽にお問い合わせください

無料トライアル